-->
自動車重量税、略して重量税は、日本の自動車とか海外の車等愛車の生産している国やハッチバック、ステーションワゴンというような車体に関係なく、ホンダやポルシェ、などにも変わりなく納付しなくてはならないもののことをいいます。新車登録の時あるいは車検を受ける時に納付する税金です。支払金額はそのクルマの重さ毎に決まっています。「自動車重量税」と「自動車税」は完全に異なるものですので基礎となる税金を理解して混同しないようにしましょう。「自動車重量税という税金は車のウエートで」「自動車税というものは自動車の総排気量毎に」その金額が違います。また、買取する時の扱いも違ってきますし、注意が必要です。自動車の売却のときには既に納めた車の額がいくら残っていた場合でも、その税額が返還されることはないですが、一方自動車税の場合は、支払い済みの税額を査定額に乗っけてくれるケースがなくはないですが重量税に関しては足される場合はなかなかないといえます。重量税というのは自動車の処分時に既に納めた税金が残っているとはいえ車の買い取り業者にてそれが材料になるケースは少ないと思います。ですので次の支払い、つまるところ車検まで処分を待ち買い取りを依頼するという手段が無駄は少ないと思います。車の買取の時は還付の対象にならない重量税ですが、ある事例だと返還されることもあります。それは車検の効力が残存している廃車として処理する際です。抹消登録をした際に、残存期間に従って金額が戻ってきます。ただ、車の引き取りの時はその車が廃車されるのとは違うので返金されません。さらに、クルマの名義の変更をしたケースや盗まれた際も還付を受けることは不可能です。自動車重量税の残っている期間がある自動車を売ることは要は車検の効力が残っている中古車ということになります。それを買取側も忖度しますので、重量税の残存期間があれば、それなりに買取金額は上がるはずです。当然、買取額は買取業者によって違ってきますが、車検期間が残っていることを考慮していただければ手放す車の売却額からみたらあまり払い損と考えることもありません。

Link

Copyright © 1997 www.abunterprojects.com All Rights Reserved.