-->
自分の車の見積額を上げるには、、自分の車を売却する時期タイミングなども影響があります。あなたのマイカーを多少でも損をすることなく手放すことを配慮すれば、数点の気を付けるべきことがあるんです。自動車の査定ポイントとして重要視されるところに走行距離があります。少なからず走行距離イコール、その車の消費期限とされることもありますので、走行距離が長い分だけ売却額査定には欠点になります。メーターが100キロと5万キロでは当たり前ですが中古車の売値価格は変化してきます。通常は走行距離だけで見れば短ければ短いだけ中古車の査定額は高値になりますがそれほど細かい線引きはなく、決められた目安で査定額が決まります。例えば、普通車だと年間標準走行距離1万キロが基準としてこの線を超えていると一般的にマイナス査定の要因になるのです。軽自動車の場合、年間標準走行距離が8000キロがまた年式が古い割に走行距離が相当少ないという場合でも、買取額が高額になるとも一概には言えません。基本的には年式・走行距離についての見積査定のポイントは、乗っていた期間と比べて適した走行距離かどうかという点です。自動車も例外ではないんですね。そしてその車の年式なども中古車売却額査定の留意点です。しっかり分かっているんだというようなかたも多数だと考えていますが、一般的には年式に関しては新しい方が査定をする上で高評価が出やすいのですが例外としてそのシリーズに特別な価値がある車種は、昔の年式でもプラスに査定してもらえるケースがあります。それから車検が挙げられます。もちろん車検というのはお金がかかりますから車検時期までの残り期間が残っているほど見積額は高くなると思うのが普通かもしれませんがそれは誤りで実際には車検時期がいつであろうと中古車の見積額にはほとんど影響がありません。メーカーの車、低公害ディーゼルエンジン搭載車、バッテリー切れの車、というような車両のタイプも査定額に響きます。車検のタイミングは売り時としてもタイミングがいいと考えることができます。つまり、売却額を高額にするために、車検の後に売却額査定に出そうというのは車検代が勿体無く、たいして意味を持たないということです。その他に専門業者に査定対象車を売却する時期としては2月と8月はチャンスです。なぜなら、車買取業者の決算期が3月と9月のところが多くあるからです。ですから、例えば、1月に売るよりはあとちょっと待って2月に中古車の査定見積もりを専門店にしてもらって売るのもありだと思います。あなたの事情もありますから、一概にこうした時期に売却するというわけにもいかないでしょうけれどもできるだけこうした時期に手放すのが都合がいいかもしれません。

Link

Copyright © 1997 www.abunterprojects.com All Rights Reserved.